まさか自分が・・・自覚なしが一番怖い

最近になってあの当時は育児ノイローゼだったのだろうと思うことがあります。

 

20代前半で出産をしました。

周りからは結婚も出産も一番後なタイプでおこちゃまに思われていた私が

友人の中で一番に母親になりました。

 

子供や赤ちゃんの苦手なタイプでよその子を見てもかわいいと思ったことがありませんでした。

が、いざ生んでみるとかわいくてしょうがありませんでした。

 

でも、子育てはかわいいばかりではないです。

汚いし、よく泣くしいうことも聞かない(生後3か月)

何回もおむつをかえてもまた汚れてる。

お乳を飲ませても横を向いている間に吐いていたり、とにかく休む暇がないときを過ごしている中、

友人からの連絡がありました。

 

来月海外旅行に行こうとみんなで話してるから一緒に行こうという連絡でした。

子育て真っ只中の私には悪意に思える程の言葉、

友人は悪気はないのですが誘ってないという話になっては困ると思い連絡してくれてようでした。

もちろんお断りをして帰ったら楽しかった話を聞かせてもらう約束をしました。

 

そのくらいから気持ちに変化が出てきました。

仲良かった友人は海外旅行で私は汚くてよくなく赤ちゃんと二人でいなくてはいけない。

どうして私だけがこんな思いをしなくてはいけないのか?!

と思うようになっていきました。

 

主人に話をしても、海外は子供が大きくなったら行けるよ、

子供は今授かったんだから大切な宝物だといわれましたが頭ではわかっていても、毎日毎日毎日・・・

汚れたおむつ、夜中までなく赤ちゃん、家の中で会話にできない赤ちゃんのと二人。

ときが進まないようにさえ思えてきて。

 

ある時、赤ちゃんの泣くことでベッドに投げていたことがありました。

高いところとかではなく支障がない程度の高さでしたが主人がそれを見てびっくりしたようでした。

何をしているの?あやしているようには見えないと言われそのことで大泣きしてしまいました。

どうして私ばかり大変な思いをしなくちゃいけないの?私何か悪いことした?

毎日こんなことばかりしていなきゃいけないの?

と主人をせめていました。

 

そんなことがあってからは主人の休日には半日家から解放され

美容院にいったり買い物にいったり友人とランチにいったりと赤ちゃんから離すようにしてくれました。

一週間に一回の数時間でしたが自分を見直し、気分も新たに赤ちゃんと接することができました。

 

あの時主人が行動してくれなかったらどうなっていたか?!

想像するだけで怖くなります。

育児ノイローゼだと気が付いていたら他に助けも求めていたかもしれません。

小さな世界で孤立していた自分だったので気が付きこともできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL