子育てが大変で眠れない

赤ちゃんが生まれるのは大きな喜びですが、

お母さんはそれからが大変です。

 

授乳期は夜もお乳をあげなくてはならないので、

どうしても寝不足になってしまいます。

 

そんな時は昼間、赤ちゃんが眠っている時に、一緒に仮眠をとって睡眠不足を解消しましょう。

 

赤ちゃんが粉ミルクを飲むようになったら、休日は何時間か赤ちゃんをお父さんに預けて

まとまった昼寝の時間を取るようにしてみましょう。

 

子供が大きくなると、今度は通園や通学に合わせて早起きしなければならず、

お母さんの睡眠時間はどうしても削られがちです。

 

でも、お母さんがいつも睡眠不足でイライラしていたら、子供も辛いものです。

子育て期間、慢性的な睡眠不足にならないためには、

自分なりに工夫をして睡眠時間を確保することが大切です。

 

例えば、毎日二度寝をすることが習慣になっている主婦の方は結構いるものです。

夕方、子供とご飯を食べた後、少し寝て、お父さんの帰宅を待つという人もいます。

 

普段は短時間の睡眠で平気な人なら、週末は少し長めに眠ると決めておくとよいでしょう。

仮眠が上手にできる人なら、暇を見つけて昼寝をして、頭をスッキリさせましょう。

 

夜の睡眠に影響しないためには、

昼寝はできれば午後3時までに、20分以内でするのがベストです。

 

睡眠時間は、誰もが一律に何時間必要というものではありません。

起きた時に快適と感じる睡眠時間は人によって違うのです。

 

我が家の生活と自分の身体に合った眠りのパターンを見つけて、

毎日、元気に子育てに取り組めるようになりたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL