旦那のフォローは言わないとやってくれないし期待するとしんどい

1人目の出産は旦那の長期出張とかぶったので実家でのんびり過ごし

育児ノイローゼとは程遠い生活を送っていました。

 

2人目を授かり旦那の出張も落ち着き同居生活が始まり周りの環境が変わって

すぐ家事・育児の両立も強いられました。

 

旦那は最初「育児と家事は出来るだけフォローするから言うてね。」

と言ってくれたので安心していましたが、

いざフォローして欲しい時に言うセリフは「今日疲れたから早く寝るね。ごめんね。」

 

そんな生活で地理も詳しくない土地で上の子と乳児を連れて

リフレッシュできる場所へ行こうとも思いましたが、

外出するのも大変でなかなか気が進みません。

 

やっと行けた地域の遊び場に参加してみても、

他のお母さん達でグループが出来ているのでなかなかこちらから入って行くのも勇気がいり、

入れず同じ遊び場へ行く事もなくなりました。

 

そんなこんなしていると室内遊びや買い物ついでの散歩が多くなり子どもとしか話さない日が増え、

ある日鏡を見てみるととても老けた顔が映っていました。

 

そこでタイミングを見て旦那に「リフレッシュで一人の時間が欲しい。」と勇気を出して伝えました。

するとあっさり了承してくれ休みもとってくれると約束してくれました。

しかし休みが取れたら教えてくれると言ってから半年・・・

いっこうに休みが取れたと言ってくれないので聞いてみると、

「いつ休みが欲しいのか具体的に言わないと休み取らないし取れないよ。」という返答でした。

 

そんな事ならもっと早く言って欲しかった。

お風呂にも入れれそうなら自分から言うような事言ってたのに、言わないと思ってたら、

「入れて欲しいなら言わないと・・・今日はもうお昼にシャワーしたからまた明日以降ね。」

そんな返答ばかりで言うのも疲れていると

「なんでフォローしてって言うてくれないの?」

いやいや・・・言うたし言っても後回しですよね。

という不満で毎日イライラして夜は下の子の夜泣きで寝れず不眠症になりました。

 

今が頑張り時なのはわかりますし旦那も仕事が大変なのも分かりますが、

旦那の仕事に休憩や休日があるように、主婦にもしっかりと休める環境がないと

私と同じような症状が出てしまいます。

 

一人で頑張り過ぎているお母さんは育児で手を抜くのは子どもの機嫌次第で難しいかもしれませんが、

家事は生活出来るレベルの食事と衛生があれば良いんです。

完璧を目指さずちょっと怠けすぎ?ぐらいでも育児が大変なので

家事は極力旦那に任せてゆくっりな時間を確保して身体の悲鳴を聞き逃さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL