もう育児したくない!と思ったら

赤ちゃんとの生活は、

必ずしも幸せなものだとは限りません。

 

女性は出産後、ホルモンのバランスが

崩れやすくなると言われています。

さらに、夜中の授乳や慣れない赤ちゃんとの生活は、

それまでの環境と全く違うものになり、

新米のお母さんにとっては

ストレスの多い生活となってしまう場合が多いようです。

 

マタニティブリーはある程度どのお母さんでも経験があるようですが、

真面目な方ほどちきんと子育てしなければいけないという責任感から、

育児ノイローゼになってしまう方も少なくありません。

 

一般的に育児ノイローゼとは、もう育児したくないという感情や、

食事のしたくや家事などのやる気が起こらない、人と話すのがおっくうになる、

よくイライラするなどの症状を指すことが多いですが、

育児ノイローゼはそのまま放置していくと重症化し、

赤ちゃんの虐待などにつながるケースもあるといいます。

 

そんな育児ノイローゼにならないために、

まずはお母さんが心と体をしっかりと休めることです。

 

家事は多少手抜きでも構わない、というくらいの気持ちでいると少し楽になれます。

そして、赤ちゃんのことでわからないことは

近くの人にアドバイスしてもらいましょう。

相談しやすいママ友達がいると心強いですね。

 

育児ノイローゼが進んでしまったら、産婦人科や精神科などを受診しましょう。

専門医によく相談し、周りの人に協力してもらえば、

症状を改善し、前向きに育児に取り組むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL