初めて知った育児の大変さ

一児の子を持つ母親です。

実際に子供が生まれて感じたこと、学んだことについて書いていきたいと思います。

 

子供が生まれて最初に感じたこと。

やはり10ヵ月もの間にお腹に居たので初めはただただ愛おしい。そればかりでした。

こんなに小さな命が頑張って生まれてきて生きようとしているだけで、

子供を無事産むことが自分を誇りに思います。

きっと母親なら皆、お腹を痛めて産んだ我が子に最初はそう思うと思います。

 

ですが、さあ子育ての始まりだ、と日々を送っているうちに思い知ります。

勿論我が子は誰よりも可愛い。

けれど母親は出産後、まだ万全では無いボロボロになった自分の身体に鞭を打って子育てをします。

1人ではまだ食事も歩くこともできない赤ちゃん。

可愛いだけでは到底子育ては上手く行きません。

そんな時イライラするのは人間当たり前です。

考えたくもないのに「虐待」が頭を過ぎります。

子供を失ったら後悔する、分かっていても頭がうまく働かなくなるのです。

 

今回は2つのテーマに絞ってお話させて頂きます。

 

 

①育児によるイライラ。どうしたら?

新米ママが皆ぶつかる育児のイライラや疲労。どうしたらと悩む方も多いです。

私は旦那が居ますが自分の実家暮らしでそれを上手く解消しています。

やはり周りの協力が無ければ1人で育児はできません。

義理の親はどんなに優しくても気を使います。

そんな時やはり助けてくれるの自分の身内なのです。

育児が辛くなったり息抜きしたい時はすぐに手助けを頼みましょう。

少し子供から離れて、一人の時間を上手く使えば子育てはかなり楽になります。

間違っても1人で背負い込む事だけはしない様にしましょう。

 

 

②夜泣きが酷い..どうしたら?

私の子供も夜泣きはかなり酷いです。

全くない時もあれば朝まで泣きっぱなしと波があります。

やはり夜泣きは覚悟していても辛いもの..お母さんだって眠気には勝てません。

夜泣きが酷い赤ちゃんから夜泣きを無くすことは残念ながらできません。

なので上手く自分のメンタルをコントロールする様にしましょう。

 

子育て経験の無い方や年配の方には批判されやすいですが、泣き始めは放置して少し休むこと。

可哀想とも言われますがお母さん本人のメンタルが崩れてしまったらもともこうもありません。

そこは赤ちゃんの近くにいながらちゃんと身体に余裕を持たせましょう。

そうすれば「よし、朝まで付き合ってやる!」と心身共に余裕を持って対処できます。

 

他にも《ディズニーオルゴール》は我が子に効果がありました。

機嫌にもよるので必ずしも夜泣きが収まるわけではありませんが、かなり効果的です。

これらの事を踏まえまとめると周りの協力、お母さん自身の休息、が必須と言えます。

子育てを手伝ってくれない旦那さんには仕事が忙しい方なら別の部屋で寝てもらい、

休日は必ず見てもらうようにしましょう。

夜泣きがうるさくて寝れないなど心無い言動は夫婦関係にも亀裂が入ってしまいますので、

子供の夜泣きが落ち着くまでは別の部屋で寝ることをオススメします。

 

お母さん方が育児ノイローゼにならないよう男性や身内の方は協力を心掛けてください。

そうすれば虐待や体罰も減っていきます。

子育てはお母さんだけがやるものではありません。

周りの協力が不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL