子育て支援制度をうまく利用

子どもを育てることは思っている以上に大変なことです。

最近ではニュースなどで子どもの虐待に関するものを

目にする機会が多くなりました。

 

この一つの原因は核家族化が挙げられます。

昔は家にお母さんだけでなくおばあちゃんやおじいちゃんがいました。

また地域との繋がりも深かったです。

このように子供に届く目の数が多く地域で子育てをしていたといっても過言ではありません。

そうすることで両親の負担が軽くなったり、

子育ての先輩の子育て方法を無意識のうちに学びとる環境もありました。

 

ところが近年は近所との付き合いも薄くなり、

就学するまでは両親のみで育てるといったケースも珍しくはありません。

この場合親は外部とのコミュニケーションをとる機会がほとんどなくなり

二十四時間子どもとのみ向き合うことになります。

どんなに優しい人間でもストレスを解消することが出来ずにいるとやがてノイローゼになります。

 

こういったときに利用したいのが子育て支援です。

大抵の市区町村では子育て支援を行っています。

現在は国も積極的にこの分野の支援体制を整えることに力を入れています。

 

子育て支援といっても市区町村によってその制度は様々です。

高齢化している地域や人口を増やしたい市区町村にとっては

子育て世代を誘致することはその地域の発展にもつながるので

こういった意味でも力を入れているところも多くあります。

 

中には子どもが生まれる度にかなり高額なお祝い金が受け取れる

といった制度がある地域もあります。

 

子育て支援というのはもちろん金銭的な面だけではありません。

地域の親子が触れ合える場を提供したり子育てについての

悩みを相談できる場を設けたりと

子育てをする人に対してであったり子どもに対してであったり様々な支援があります。

 

こうした支援を利用し悩みや不安を抱え込まないということが

親子でより豊かに成長する為に必要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL