専業主婦は気楽?

子供と一緒に家で過ごしている専業主婦は、

外で働く人から見ると、「のんびりした暮らし」に映りがちです。

 

平日の夜や休日しか家にいない夫であっても、

「一日中、家にいられて楽でいいよな」と考えている人もいるでしょう。

 

でもそこには四六時中、子供と向き合い、

責任を持って子育てをしなければならない辛さがあります。

 

赤ちゃんの時期には、数時間おきの授乳や、おむつ交換などで休む暇もありません。

 

夜鳴きがひどい赤ちゃんの場合、他の家族や、近所の人へ気兼ねして、

泣く度に外であやすしかないというお母さんもいます。

 

その後、ハイハイやヨチヨチ歩きができるようになっても、

動き回る子供から片時も目が離せない束縛された毎日が続きます。

その生活の息苦しさは経験した人にしかわからないでしょう。

 

しかも専業主婦となって自分の収入がなくなると、

夫に食べさせてもらっているという引け目から、

言いたいことも素直に言えなくなる場合もあります。

 

しかし、妻が家のことを引き受けているからこそ、夫は安心して働けると考えれば、

負い目を感じること自体がナンセンスなことなのです。

 

ですから育児の負担が大きすぎると感じる場合は、

せめて家事だけでも手伝って欲しいとお願いすべきなのですが、

勤めに出ている父親にとっての家庭は憩いの場であるのに対して、

母親にとって家庭は働く場です。

 

このような認識の違いが夫婦間の不平等感を生み、

妻が抱く「夫への怒りや不満」に繋がっていくのだと思います。

専業主婦は気楽? への1件のコメント

  1. 聖子

    こんにちは
    4歳と2歳の息子、娘が居るんですけど、4歳の息子は、6ケ月から、今だに、虐待をしてしまいす。
    暴力言葉、とんでも無い言葉を言ってしまいます。
    それに、顔見てるだけで、腹立ってくる事が度々なんですけど、どうしたら良いですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL