サボるくらいがちょうどいいお母さん

今だから話せるんですが、子供が産まれた当時は子供の夜泣きに毎日悩まされていました。

必ず夜中15時くらいにいきなり泣いて、しかも普通のなくという感じではなく、泣き叫ぶというような感じで、

それがずっと真っ暗な中響いてとてもつらかったです。

 

主人は毎日遅くまで仕事をしていて、朝も早く、

深夜に子供をあやしてくれるということはめったにありませんでしたし、

私も、自分がしなければというような使命感から、いつも自分が子供を抱っこしてあやしていました。

 

最初の頃は抱っこして揺らすと、トントンとするだけで落ち着いてくれたこともあったのですが、

なぜか何日か重ねるごとにだんだん泣き止まないようになる時が増えました。

 

当時アパートに住んでいたため、あやしている部屋の横で主人が寝ていたのですが、

本当に泣き止まないときは隣から主人が出てきて主人が抱っこするとすぐに泣き止んだことがあって、

その時はさすがに腹が立ったのと、なぜ母親じゃなくていつも面倒みていないのに

主人が抱っこするとすんなり泣き止むのかと腹が立ったことがあります。

 

これは後から考えれば、抱っこする人の手が変わったことでなんとなく安心して眠りにつけたとか、

主人の腕のほうがしっかりとしているので、安心して眠ったなど、いろんな理由があったんだと思いますが、

当時の私はなぜ母親の私じゃダメなんだろうと思い込んでしまって、

すごく悔しいのと腹立たしさでいっぱいでした。

 

そして毎日毎日夜泣きがありましたが、主人はあまり起きてくれないので、

私がいつも抱っこして案の定隣の部屋で寝かしつけをしていました。

真っ暗だし、一応抱っこして揺らすのですが、ほとんど効果がなくて

一人で泣きながら子守歌のようなものを歌って、

いつ泣き止むんだろうとずっと泣いて、頭では子供を放り投げる想像をしてしまっていました。

放り投げたいような衝動にかられてしまうのです。

きっと誰でもあると思います。

 

自分も睡眠不足で、思考能力が低下してしまいますから、

よく考えればあの時が一番育児ノイローゼだったのかもしれません。

 

でも、今、夜泣きで困っている方に安心してほしいのは、

夜泣きも成長のひとつで、夜泣きは一生ではないということです。

もしかしたら、今の時期(早ければ3か月~1年弱くらい)までで終わります。

これがいつまで続くんだろうと頭を悩ませていましたが、不思議と知らないうちに夜泣きは終わってきました。

 

夜泣きの時期がグっとしんどい時期なのですが、

これを乗り越えたとき、もっと子供のことを理解できるようになっています。

もし本当に泣いているのを耳にするのがつらかったら、子供はほっといてもいいくらいです。

泣くとおろおろして心配するから、自分の気持ちがつらくてしんどいのであって、

泣いていても死ぬことはないので、(ミルクほしい以外は)

自分がもし泣き止まない子供に手を上げそうだったり、虐待などに走りそうになるのであれば、

その一歩手前でいいので、自分を休ませてあげてください。

 

子供がなきっぱなしになっても子供は30分くらい泣いたらだいたい疲れて寝るか、泣き止みます。

30分だけほったらかしても死にませんから大丈夫。

これからのお世話のためにも、お母さんは心を休ませるほうが大事です。

子育ては自分でなんでも抱え込まないことがコツです。

さぼっているくらいのお母さんのほうが、意外と子供はたくましく育ったりしますから、

自分でさぼる心のコントロールをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL