育児ノイローゼによる虐待

育児を続けていくことは

非常に大変で大きな労力を使います。

 

育児には休みはないため、毎日毎日行うことで、

疲労もかなり蓄積されていきます。

そこで、育児に対するストレスが少しずつ蓄積されていき、

育児ノイローゼにかかる人が多く存在します。

その結果、虐待につながるケースがあります。

 

最近では、ニュースで虐待による事件がよく取り上げられています。

虐待によって、最悪の事態になってしまうケースがあります。

ノイローゼ自体が病気なので、虐待したくてやっているとも限りません。

どうしようもない状況に精神状態があるからです。

 

育児を一人で行うことは危険で、父親、母親、

もしくは叔父、叔母といった身内の方に

少しでも手伝ってもらうことが重要です。

自分だけで育児をしていると、

ストレスをすべて自分で抱え込んでしまうため、よくありません。

協力してもらえる環境であれば、育児を手伝ってもらうことが大事です。

 

協力者がいない場合には、定期的にママサークルに参加したり、

専門家に相談するのがよいでしょう。

特に最近では、市町村で育児の相談室や相談会が実施されており、

育児の悩みの相談にのってくれます。

 

虐待自体が市町村などの自治体が重く受け止めているため、

対応もスムーズになっています。

 

育児ノイローゼにかかった場合には、病院で治療を行っても、

回復するのに時間がかかります。

病院で薬等を処方されても、育児に開放されるわけではないため、

一時的なものに過ぎません。

ですから、ノイローゼの兆候を自分で感じたら、

専門医や自治体の専門家に相談する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL