自覚がなくても「育児ノイローゼ」に陥っているケース

子供が可愛いと思わない。

見ていてイライラする。

感情的になって怒ってしまった。

 

育児ノイローゼまでにはならなかったとしても、

こんな気持ちを抱かずに子育てをした人はいないのでしょうか。

私ももちろん、その一人です。

 

一人目を出産し、初めはとっても可愛くて寝顔もずっと見つめていられました。

出産後2週間が過ぎた辺りから、何をしても泣き止まなかったり、

授乳後も抱っこでは寝るのに、ベッドに置くと泣きわめくので、

ずっと抱っこしていなければならなくなりました。

 

こんな日がいつまで続くんだろう。育児ってもっと楽しいって思っていたな。

という先の見えない不安から、子供への愛情を見失っていました。

 

鳴き声を聞くだけで不安にかられ、イライラして、何度も授乳を放棄したりしました。

幸いにも、実家に里帰りしていて、母親がそばにいてくれていましたので、

オルゴールを聞かせながらミルクをあげてくれました。

そんな姿を見て、私って最低な母親だなと自分自身が嫌になり、

これから先の育児そのものを放棄したくなりました。

 

母親の手助けもあって、自分自身も落ち着きを取り戻し、子供と向き合えるようになると、

何を求めているかが少しずつ分かるようになり、泣き止んでくれると、自分にも自信が持てました。

子供もだんだんと成長して、ハイハイをするようになると、寝ているとき以外は今度は目が話せなくなりました。

 

旦那は朝の7時頃に家を出ると、帰宅は夜の8時過ぎで、近所には話せる人もいません。

一日中、子供と2人きりで、息が詰まるような思いを感じるようになりました。

子供は可愛いのですが、どこか社会から孤立しているような、

そんな気持ちが日に日に大きくなっていきました。

 

仕事は出産前に退職しましたので、私も外に出て人と関わりたいな。

また働らきたいな。という気持ちが湧いてきたのです。

旦那と相談して、子供が1歳2ヶ月の時に保育園に預けることにして、

パートタイマーで働くという選択肢を選びました。

それから仕事と子育ての両立で慌ただしい日々を送りましたが、

私たち家族が選んだ選択は、結果として良かったと思います。

あのままではストレスを子供に発散していたのではないかと思います。

 

今は2人目を出産し育児休暇中ですが、子供が泣いていても可愛くてたまりません。

今だから思うことは、一人目を産んだ私は育児ノイローゼだったのではないかということです。

いつも気持ちに余裕がなく、不安で、子供からのサインを完全に見落としていたのです。

メディアで、取り上げられている虐待報道を非難の目で見ていた私ですが、

もしかしたら紙一重ではなかったのかなとさえ思います。

 

全力で上の子を可愛がることができなかった時間は巻き戻せませんが、

これからの子供たちとの時間を大切にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL