わたしの育児ノイローゼ体験

子供が1歳3ヶ月の時、育児ノイローゼになりました。

原因は初めての子育てと仕事の両立に疲れ果てたこと、

頼れる両親が遠方で息抜きができなかったことでした。

 

我が家の子供は11ヶ月からよちよちと歩き始めて、1歳3ヶ月のときにはいろいろなものに興味津々、

とにかく目についたもの全てを触りたがるのでそれを制止するのに毎日疲れ果てていました。。

特に保育園から自宅に帰るときはベビーカーも嫌がり、無理やりのせるとずっと泣き、

歩かせると人の家の敷地や雑居ビルの階段などに侵入してしまうようなやんちゃ坊主だったので

ほんとに手を焼きました。

 

子供の発達についても知識がなくネットで調べてはマイナス思考にばかりなってしまい、

そういったこともストレスを助長させていたと思います。

通っている園では特に女の子の発達が早く、単語でおしゃべりを始めている子もいる中、

うちの子はまだワンワンというか言わないか?ぐらいの発達具合だったので

早い子供と比べてはへこんでいました。

おしゃべりがうまい子ばかりが目について、いつしかそれが「普通」という認識になっていた私は、

自分の子供に対してなんでできないの?!言うこともきかないし、

集中力もなくてガサガサといろんなものを触りたがるし・・・

なんでこんな子なの?と思うようになっていました。

 

夜泣きのため寝不足で毎朝必死に通勤して、帰ってきてもずっと子供の世話。

自分の時間もないし子供は手がかかるし・・もうこんな生活いやだ!!と思いつめるようになっていました。

そして、爆発してしまいました。

 

それは夫のいない休日に子供を昼寝させようとしていたときです。

夜も熟睡できていない私は疲れがMAXでとても眠かったので、早く一緒にお昼寝をしようと思っていました。

一生懸命寝かせようと横になって背中をトントンしながら30分ほど粘りましたが、

その30分後に子供が遊びたがり、枕元に置いてあったおもちゃで遊び始めたのです。

そしてその瞬間、私はとうとうキレてしまいました。

子供が手に取ったおもちゃを奪い取り、「いいかげんにして!!」と怒鳴りながら投げつけてしまったのです。

子供には当たりませんでしたが、子供は大号泣。

その泣き顔を見て罪悪感と自己嫌悪におちいり、そのまま別室で私も大号泣してしまいました。

 

このころは本当に毎日が辛かったです。

子育てを楽しめる余裕が全くありませんでした。

夫や両親、カウンセラーや保健師、保育園の先生などいろいろな人に相談しました。

そして、このときの私を救ってくれたのは夫でした。

かなり頑張って私のかわりをやってくれたので自由な時間もできてなんとか乗り切ることができました。

そして子供も1歳半を過ぎた頃から急激におしゃべりが上手になり、

言葉で意思の疎通ができるようになってからはどんどんストレスは軽減していき、

今では楽しく子育てができています。

 

世の中では虐待のニュースが頻繁に聞かれますが、まわりの人がママを支えてあげてほしいと本当に思います。

子供はかわいいし本当に大切な存在なのですが、疲れたり追い詰められるとそれすら忘れてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL