子どもに対するイライラを抑えられない時

娘が3歳ぐらいになるまでは、まだまだ小さいからと思って、

色々と問題があっても仕方がないと許せてきた部分がありました。

しかし3歳を過ぎるようになると少し理解力が出てきたところもありますし、

こちらの思うようにしてほしい、ちゃんと色々なことを教えていかないといけないと思いました。

その一つとしてがトイレトレーニングだったのですが、私は娘のトイレトレーニングでかなり気をもみました。

 

トイレトレーニングは2歳~3歳ぐらいで完了させてくださいと保健師さんに言われた記憶があるのですが、

娘の場合はトイレトレーニングが完了したのは3歳半でプレ幼稚園に入るギリギリでした。

その頃にはなぜ娘だけできないのだろうか、私もしっかりと教えているのにというイライラが募りました。

 

また何でも一人でしたがるのですが、できないことばかりでその後始末を私がすることになったり、

勝手にはさみを使っていて危険だったりして、それに対して大声で怒鳴ることも増えてしまいました。

 

その頃ちょうど妊娠中で下の子がお腹にいたので、そのことに対して疲れていて、

娘に対して八つ当たりではないですが、

妊娠していない時よりもイライラすることが増えてしまったように思います。

 

娘は社交性が発達していくのが遅く、周りの子ともあまりうまく関われずに、

ママ、ママで一緒に遊ぼうと常に誘われましたし、

どこか子どもの集まりのところに行っても他の子はママから離れているのに、

娘だけは私にべったりで楽しそうにもしていませんでした。

そういったところもどうしようもないのに心配で、娘の個性なのにそれを治したいと思いましたし、

心配する気持ちからなぜもっと関わらないのなど怒ってしまったことがあります。

 

娘は5歳になりましたが、活動内容が広がりかなり成長してきています。

ただそれだけすることが複雑になり、悪知恵もついてきたので、新しくイライラすることも増えてきました。

ただ2~3歳頃の訳がわかっているようなわかっていないような状態からは抜け出して、

話をして伝えようとするとある程度はわかる、

そしてそれを今度からしないように気をつけるようにもなっているなと思います。

 

イライラしてしまいがちな育児ですが、それがずっと続いていくわけでもないので、

その時期だけと思ってこれからも乗り越えていきたいと思います。

育児ノイローゼになりそう、なっているかもしれないと思うことは多々ありましたし、

これからもあると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL